ネット上に書かれた萌えるエッチな体験談をまとめて行きます。 皆さんからの「もえばな」も大募集です!

元カレ、元カノとの体験談

ストーカーになった元カノとの終末

前回の話


177 :エピローグ 01 ◆SOkleJ9WDA :2006/06/24(土) 00:36:32 
あの夜、最後に見たYの、悲しそうでどこか決意めいたものを感じさせる
その後姿が忘れられないでいた。 

俺は東急ハンズで小さなアーミーナイフを買い、常に携帯するようにした。 
それは、もしもNや俺の周囲に危害が及びそうになったら俺は躊躇せずにYを刺す、
そういう決意の表れだった。 
例え自分がどうなろうとも、Nだけは失いたくなかった。 
あの夜の出来事は俺をとことん追い詰め、こんなことばかり考えるまでに精神は
衰弱していた。 

NはNで不安だったようだ。自分自身もかなり参っているというのに、
頻繁に電話を掛けてきては俺の心配ばかりしていた。 
見かねた俺はある日、Nに言ってしまった。…辛かったら、別れてもいいんだよ? 
するとNは涙を流し「なんでそんな事を言うの!?」とものすごい勢いで俺を責めた。 
「ごめん…ごめん…」と、平謝りするしかなかった。 


178 :エピローグ 02 ◆SOkleJ9WDA :2006/06/24(土) 00:37:25 
やがて、Yから何の音沙汰も無いまま、俺たちは4年生になった。 

お互い就活を終え、あとは卒業するだけだった。 
バイトで貯めた貯金を崩して、ふたりで卒業旅行にでかけたりもした。 
お互い初めての海外旅行だったが、Nは英語をかなり喋れたので
苦労することはなかった。 

向こうのホテルで、俺たちはけじめをつける意味でYの事を語り合った。 
それまではずっと、ふたりともなんとなく話題にすることを避けてきていた。 


続きを読む

一度だけ交わった彼女との恐怖体験

前回の話

 154 :第5部 01 ◆SOkleJ9WDA :2006/06/24(土) 00:12:49
春になって、俺は大学生になった。 

Nは無事に大学受験を乗り越え、都内の大学に通うようになった。
それにともなって、彼女は学校の近くに部屋を借り、ひとり暮らしを始めた。 
俺は実家から通っていたが、お互いの大学が近いこともあって、
彼女の家に半同棲するような生活を送っていた。 

俺達が大学生になったということ…それは同時に、Yも大学生になったと
いうことを意味していた。 
同じ付属校から、同じ大学への進学。俺はいつ、どこでばったりと出くわすか、
不安だった。 
(もっとも、これは後になって知った話だが、俺とYは学部が違って
校舎のあるキャンパスが離れていたため、構内で会う可能性はほとんどなかったのだが) 

あの日、Yからあんなことを聞かされてからずっと、俺は連絡をとらずにいた。 
翌日に携帯電話の電源を入れてからしばらくはビクビクしていたが、
彼女から電話をかけてくることはなかった。 
…俺にとって、Yの沈黙は、まるで真綿で首を締められているような、
そんな感覚だった。 


155 :第5部 02 ◆SOkleJ9WDA :2006/06/24(土) 00:13:58 
5月10日。 
その日、俺はNの家で誕生日を祝うことになっていた。 

俺はプレゼントを持って、彼女の家へと急いだ。サークルの集まりが長引いて、
予定していた時間に遅れていた。 

早稲田駅で降りると、さっきまでポツポツと降っていた雨は止んでいた。 
途中でコンビニに寄り、ビールと、彼女の為のチューハイと、…今夜必要に
なるであろうモノを買った。 

彼女のマンションの合鍵は預かっていたが、玄関先でインターホンを押すのが
俺の中でのルールだった。 

N「はーい」 
俺「ん、あけてー」 
N「いまあけるねー」 



続きを読む

別れたはずの彼女からの恐怖のメール

前回の話

 90 :第4部 01 ◆SOkleJ9WDA :2006/06/22(木) 21:31:36 
例年よりも長く続いた梅雨が明け、また暑い夏がやってきた。 
俺とNは、一線を越えた後もそれまでと同じように付き合うことが出来た。 

Yとは体で結ばれても、俺の心がYの方を向いていなかった。
だからうまくいかなかった。 
ゆえにNとの関係がこれまで通りであった(あるいはそれ以上に近しくなった)ことは、
嬉しかった。 
文字通り「身も心も結ばれた」と、俺は思っていた。 

Nは大学受験を控えていたため、四六時中一緒にいるということはなかったが、
たまに気分転換と称してデートしたり、身体を重ねたりすることで、
俺はYの事を忘れる…とはいかないまでも、気にしないようになった。 



91 :第4部 02 ◆SOkleJ9WDA :2006/06/22(木) 21:32:17 
件名:Happy Birthday!! 
本文:誕生日おめでとー☆これからもよろしく! 

Nからメールが届いた。 
(Nらしいな、日付が変わる瞬間を狙ってメールしてくるなんて) 
俺はすぐに返信のメールを送った。 

俺[Thanx。18歳かー。年取ったなー] 
N[それはとっくに18になってる私へのあてつけですかコラ(^^#)] 
俺[……。…そんなことより、今日ついでに買い物したいんだけど、いい?] 

今日は彼女と会う予定だった。 



続きを読む

処女をもらった元カノのその後

前回の話

11 :957 第2部 01 ◆SOkleJ9WDA :2006/06/20(火) 21:34:47
いくら背伸びをしてみても、中学生なんて所詮はまだまだ子供だ。 
俺は責任が怖かった。そしてその責任から逃れたかった。 

あんな事があったというのに、あんな事をしてしまったというのに、
Yと話すのが気まずくなった俺は、彼女を避けるようになっていた。 

そしてあれから数日経ったある日、授業が終わった後で彼女に呼びとめられた。 

(ついに来た…) 

暗澹とした心持ちで、彼女と近くの公園へ向かった。 
並んでベンチに越しかけるも、どう切り出してよいかわからず、しばらく
重い沈黙が続いた。 

12 :957 第2部 02 ◆SOkleJ9WDA :2006/06/20(火) 21:35:48 
先に沈黙を破ったのは、彼女だった。 

Y「…あのね」 
俺「…うん」 
Y「…大丈夫だった」 
俺「え…?」 
Y「生理…きたから…」 
俺「??」(←その意味がよくわからなかった) 
Y「できてなかったってこと」 

そう…できてなかった、か。大丈夫だったのか…! 



続きを読む

大好きな元カノとの思い出

585 :えっちな18禁さん:2009/01/18(日) 01:08:55
Mちゃん。中1の時に同じクラスになって仲よくなり、中2からつきあいを始めた。 
中3で同じ高校に入学決定した時に、深い関係になった。 
ずっと仲良くしていたが、高2の終わりに、色々とあって俺が振られた。 
献身的なあいつに、俺が甘え過ぎていたんだと思う。でも、いまでも感謝している。 
高3の春に、俺はバイト先のAと付き合う事となり、同時期にMちゃんも同じ学校 
の奴Kと付き合い始めた。 

俺はAと付き合っていたが、やはりMちゃんの事が好きでたまらなかった。 
Aの事は棚に上げて、MちゃんがKと付き合いだした時は、しばら夜も眠れない 
日々が続いた。ほとんどの学生生活や私生活を共に過ごして来たので、何を 
思い出してもMちゃんが隣にいる気がする。 


586 :585:2009/01/18(日) 01:15:32
Mちゃんはもちろん、Aも処女だった。今度こそは女性を幸せにしようと思うし 
Aの人生に責任を感じる。でも駄目なんだよ。辛い思いが消せない。 

童貞だったKに、俺だけの物だった体を広げ毎日のように打たれているんだろう。
俺にとても献身的だったMちゃんは、Kにも色々としているのだろう。 
Kは俺に非常に悪い感情があるらしく、高校卒業まではKを見かけては嫌な 
気分だったし、Mちゃんを見かけては胸が焼け焦げる思いだった。 



続きを読む

昔と変わらない元カノに思わず中出し

71 :えっちな21禁さん:04/03/03 01:03
ちょっとスレタイと違うかもしれないけど、書いてもいいですか? 
誰かいます? 

72 :えっちな21禁さん:04/03/03 01:04
いるよ。よろしく~ 

76 :71:04/03/03 01:07 
このあいだ、大学の時のバイト仲間で集まって飲み会があったのよ。 
で、当時4年ほどつきあってた彼女(Sさん)も来てた。 
大学卒業と時を同じくして別れたので会うのはかれこれ7年振り。 
しっかし、顔も体型も全然変わってなかった。 
Sさんの容姿は小柄な森高って感じ。 
でもバスケをずっとやってるんで、かなり締まった体つきだ。 
(オレは29、Sさんはオレのいっこ上ね) 


続きを読む

7年ぶりに会う元カノとの初めてのSEX

前回の話

766 :前スレ650:04/03/15 16:28
2月の終わりの頃、出張で郷里の近くに行った時の話です。 
一泊予定の出張が土日にかかるので余分にもう一泊遊んで帰ろうとしていました。 
大きな街に出て、知り合いにでも(男)連絡して夜を満喫しようかな? 
なんて思っていたんですが、この近辺に元カノが暮らしてるのを思いだして、 
でも、もう7年も逢ってなかったので連絡もとれなければしょうがない。 
って感じで携帯に電話してみると繋がりました。 
(昼間だったので仕事中で電話に出なかったら諦めるつもりでした) 


767 :前スレ650:04/03/15 16:29 
彼女とは中1からの知り合いで、お互いを意識しながら交際してるってのは 
高校時代。しかし受験を期に彼女から「別れよう・・・」って切り出され 
高三の頃の一年間は、暗黒の高校生活でした。 
当然その頃は、まったくのプラトニック・・・キスさえもしてません。 
まぁ。それでも時がたってようやく普通に話ができるようになり今にいたっていました。 
しかし、卒業後は私が地元を離れ生活をはじめたので、当然疎遠に・・・ 
それでも私が帰省した時や、彼女が仕事で私のいる街にやってくるときは 
時間が取れる限り逢ってお互いの近況や昔話で盛り上がっていました。 
嫌いになって別れたわけではないので、お互いに淡い感情を持ちつつ・・・ 
その頃にやっとキス・・・アパートに泊めたこともありましたが 
あまりにも遠距離、お互いの生活を壊してしまうようで彼女と最後の一線を 
越える事は一度もありませんでした。 
(チャンスは卒業後すぐと私のアパートに泊まった時の二回ありましたが・・・) 



続きを読む

元カノに挑発されて中出し

910 :ディアドコイ戦争 ◆ftnNY2KocY :2005/07/10(日) 21:11:04 
あれは高1で中学時代の友達(女3人含)で部活に遊びに行った時だった。 
皆制服だった。女1が「ねぇ、下なんか穿いてる?」と女2(元カノ。そうとうかわいい)に。
「…うん。見えちゃうもんね♪」おいおいまじかよ…。 
俺はショックだった。だがそんなの杞憂に終わった。 
 女の子たちがアイスの差し入れ買ってきて残ったので俺らも食う事に。 
女2が俺の前に肩膝立てて座った。俺はすごいの見てしまった。脚の奥にある白いの。
キタ――(゚∀゚)――!!おいおい下生パンだけじゃん!しかも目と鼻の
先。(;゚∀゚)=3ハアハア
その後にカラオケ行くのだったがもう1人の男がドタキャン。 
男俺1人だけだった。 


912 :ディアドコイ戦争 ◆ftnNY2KocY :2005/07/10(日) 21:29:21
そしてカラオケ行って俺は元カノの斜め前に座る。元カノが歌うたびに姿勢ちょこちょこ 
変えるもんだから、太ももがっ!太もも!(;゚∀゚)=3ハアハア俺は我慢できずにパンツ見たくなり、
椅子に寝たフリして横を見る。白いのばっちり!その時だった。 
「ねぇちょっと…!人のパンツ見て喜ぶなよぅ↑↑!」ヤバイと思った。「うわーエロい!」 
とか他の女も。そして「ちょっと来て!」と外に。ヤバイと思った。 
「ごめん…。怒らないで…。」俺は必死に謝る。「ううん全然。怒ってなんかいないよ。 
しょうがないよね。高校違うからって分かれてから全然会ってないもんねぇ。あたし結構 
挑発してたんだよ。まんまと引っ掛かっちゃって。キャハっ!♪」 
キタ――(゚∀゚)――!!かわいいー!そして…。「やっと言えるや…。ここに呼び出したのはね、
今日あたしン家来て欲しいからなの。」もしや…。 



続きを読む
更新情報
PR・広告
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PR・広告
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
最新コメント