ネット上に書かれた萌えるエッチな体験談をまとめて行きます。 皆さんからの「もえばな」も大募集です!

友達同士での体験談

女友達に夜の公園で中出し

304 :えっちな21禁さん:2006/05/20(土) 17:56:46
高2の冬休み 
中学の友達からメルアド変更の連絡があってから深夜までメールが続き、
恋いバナになったときのこと 
俺「今彼女いないんだ。欲求不満だよ」 
恵美(仮名)「フェラチオしてほしい?」 
俺「またそんな冗談言って(笑)」 
恵美「何度も言わせないでよ」 
近くの公園で会うことに。 

305 :えっちな21禁さん:2006/05/20(土) 17:59:05
三時をまわっていたのでこっそり家を抜け出して公園のベンチへ 
恵美はダッフルコートとマフラー、俺も着込んで二人で並んで座って少し話した。
んだけどすでにビンビン。 
俺「いい?」 
恵美「うん」 
前に回りこんで足のあいだにしゃがんでチャックを開けてしゃぶってくれた。
年上の彼氏がいたせいかすごく上手かった。いつのまにかパンツもずらされて玉も
舐められた。 


om/test/read.cgi/hneta/1134883306/ 
続きを読む

彼女の言う「今度は」の真意

376 :えっちな21禁さん:04/03/07 22:31 
泥酔女かー。去年の夏のいつかの金曜日、 
高校の時に仲良かった奴らと小さい飲み屋で飲んでたのさ。 
19時から飲みだして、募る話は続くようだったが、俺は郊外から 
来ているので終電がヤヴァイ。惜しみながら、惜しまれながら、 
「俺、電車があるから先かえるな。いくら?」ときりだした。 
金を払って、店を出ようとすると、ある女が、 
「○○○線だよね?同じ方面だし、明日、仕事あるから一緒に帰るわ。」 
と・・・一緒に帰ることに。 終電まで少しだけ時間があるし、 
夜風にあたろうということで、ハチ公のベンチに二人、腰掛けた。 
居酒屋で飲んでいる間は、あまり酔っているようではなかったのだが、 
けっこう酔っている様子。ロレツが周ってない。肩にもたれかかったきた。 
ガム噛むか?と差し出したが、反応がない。俺は一人でガムをかみながら、 
土曜競馬の予想をする。  と、右肩にもたれかかっていた子がいきなり、 
 「ねぇ、ガムくれないの?」といった瞬間、キスをしてきた。 
週末でハチ公なんて人通りも多いのに・・・ 困ったもんだ、と思いつつ、 
舌をとりあえず注いでおく。 
 

378 :えっちな21禁さん:04/03/07 22:45 
口でガムをうつした後、彼女はまた目を閉じ眠るソブリ。 
終電の時刻が近づいてきたので、駅へとオンブする。階段がキツい。 
駅はけっこうな人で、ベンチもあいてなく、ちょっと乱暴に起こす。 
「おい、酔い覚ましにコーラのめ。」と売店でコーラを買い差し出す。 
(そういや酔い覚ましにコーラっていいの?俺はいつもコーラなんだが・・) 
とにかく歩いてもらうようにして、電車に乗り込む。リバースしないかが心配だ。 
ちょっと電車に揺られ、違う会社の電車に乗り換える。 
・・・・最終電車は、通勤列車なみに混んでいた。接続待ちだったのか、 
花火大会でもあったのかしらんが、ぎゅうぎゅうだった。 
彼女は、半分寝つつも自力で立てる状態だった。二人で電車に乗り込む。 
しかし、夏の車内は汗くさくて蒸し暑い。 電車に揺られていくうちに、 
彼女の体と自分の距離がさらに密着する。 さっきキスしているだけに、 
むこうはだいたんにも、こっちの股間を手で探ってきた。 



続きを読む

王様ゲームからの流れで生挿入

901 :TAKE:2007/09/15(土) 14:32:46 
5年ぐらい前の高校時代、女4・男2で、王様ゲームと野球拳を混ぜたのやった。 

参加者 
H信 -- 結構男前、 
オレ -- 可も無く不可もなく 

M紀 -- スタイルも顔もいまいち 
Y美 -- 胸が大きく身長低め顔結構美人(H信のオキニで、ふわっとした性格)  
S子 -- 胸小さいが美乳美脚顔可愛い(活発で結構エッチ) 
R子 -- 長身脚が細長い美人(オレのオキニで、おとなしいが、この日わかったが、
結構エロに興味有り?) 
女子全員ブレザーの制服のミニ 

ルール 
王様を引いた人は、着ているものを1枚脱ぐ代わりに命令が1つできる 
全裸が1人でもでたら、その時点で終了。 


903 :TAKE:2007/09/15(土) 14:45:14
終業式の帰り、両親が旅行に行ってるオレの家でやった。 
翌日みんなで海に行く計画をするということで、集まった。 
話がまとまってその後みんな特に予定も無いので、提案。 
最初にルールを説明したら、S子が面白そうと言うのでで開始。 
他の女子は、それほどのり気ではなさそうというか、あまり反応なしに、了承。 
全裸までになるのは1人だしぐらいの気持ちか・・ 


続きを読む

一緒に住むことになっった女子の可愛い裸を見た

132 :思春期:2008/03/22(土) 20:30:28
中学2年の時、父の親友が震災に遭い、家が全壊した為 
そこの娘の愛華さんが俺の家から中学に通うことになった 

父の友人は、俺が子供の時からよくうちに遊びに来ていて 
娘の愛華さんもよく連れて来ていた、歳も近かったので 
小学校低学年くらいまでは俺と愛ちゃんはよく遊んでいて 
とても仲良しだった・・・らしい 

確かに遊んだ記憶はあるが、何をして遊んでたのか全く覚えていない 
小学校高学年になった頃から疎遠になり、 
中学に入る時、親に「愛ちゃんと同じ中学校になるね」 
と言われるまで存在すら忘れていた 


133 :思春期:2008/03/22(土) 20:51:52
中学に入り、愛華さんを見た時、すぐに「あっ!愛ちゃんだ」と分かった 
愛華さんは友人二人に囲まれて、楽しそうに歩いていた 
向こうも「あっ!」て顔をしていたが 
今更親しげに話し掛けるのも変だしどうしようと思っている間に 
会釈すら出来ず、すれ違ってしまった。 

その後何度も校内で愛華さんとすれ違ったりしたが、 
一度「無視」をしてしまった事もあり、互いに「赤の他人」の振りを続けた 
当時中学2年の愛華さんは、俺よりも背が高く、バスケ部に入っていた 
後で知ったが愛華さんはとても人気がある人で、愛華さん目当てで 
バスケ部に入る奴もいるらしかった・ ・ ・  


まさかその1年後、一緒に住むとは思わなかった 



続きを読む

AVの余韻を残して乱交パーティー

138 :えっちな21禁さん:2005/07/30(土) 06:03:54
高2の時。 

その日は期末テストの最終日で俺とT志、女はY未とSりの男2人女2人で家に集まった。 
テストが終わった日にT志が手に入れた裏DVDを観るって決めてあってノリのいい
Y未とSりが付いて来た。 
この二人とは1年の頃から仲が良く家にも何度かきたことはあって、以前にもプラス
何人かで裏じゃないエロは観た事が普通にあったんだけど。 
二人とも基本的にははじけてるんだが、Y未の方が明るくSりはちょいとクール。 
背はほぼ同じで165くらい。 
Yは結構巨乳で顔は美人じゃあないけど、いい意味で愛嬌のある顔。
明るい性格もあって人気があった。 
Sりは中学まで体操をやってたらしく、バランスがいい身体。目がぱっちりとしていて、
メチャクチャ美人なのだが、大人び見えるのと、話し掛けにくいオーラをだしていて割と毒舌。
俺達は慣れてたけど。 
格好はコテコテじゃなく綺麗目のギャル系。 
ちなみに2人共非処女。Y未とは王様ゲームでキスした事あり。 

139 :138:2005/07/30(土) 06:05:19 
家に着いてさっそく見始めたんだが、最初は絡み前のドラマの部分での演技やら
バカっぽい展開に爆笑しながら、買ってきたポテチとかをバリバリ喰ってた。
Sりなんかはダメ出ししまくり。Yは笑い過ぎ。
エロい雰囲気なんて全然なかった。 
ようやく絡みが始まってからも、やっぱり始めのうちは女優のおっぱいがでかいとか、
男、耳舐め過ぎとかいって笑ってたんだけど、だんだん真剣?になってきて会話が
少なくなってくる。 
男優がチンポ出してフェラが始まったあたりから、ほぼ無言。たまに会話があって
笑ったりするんだけど、すぐにまた無言。俺は画面よりも二人の反応に興奮してた。 
一回観終わってから、内容について笑いながら話してたんだけど、Y未が男優のチンポの
大きさ
について、思っていたより大きくなかったって言い始め、検証のために再度見る事に。 
どうやらY未は男優はメチャクチャ大きいと思っていたらしく、期待外れだと笑っていた。 
するとT志がおれのはもっと大きいぜって言い始め、じゃあ見せてよと言うY未の前で
ズボンを脱いで 
チンポを出した。大きさは、男優よりちょい負けてたんだけど。 


続きを読む

女友達に挿入の仕方を伝授してもらった

前回の話


681 : ◆nZkImbDwL2 :2006/10/11(水) 14:39:33 
なにかヤバイモノであることはすぐにわかったので、 
俺はそれをポケットに突っ込むと校庭には出ずに、 
『ウンコ男』といわれるのを覚悟してトイレの個室に入った。 
改めて見るとカラフルな面に○す○す2000とかかれていた。 
裏返すとオッパイのようなお椀をひっくり返した形のが 
円筒形のものに被さるような図、男性側の文字。 
なんとなく以前見たような記憶が・・・ 
確か低学年のころ弟ができてしばらくしてからだったと思う、 
ゴミ箱の横に似たような形の(ただし中身はカラ)袋が落ちていたので 
俺はお菓子だと思って拾い、母親に欲しいとねだった事があった。 
「からい、辛い。これは子供が食べるお菓子じゃないのよ!」 
母親は慌てて袋をひったくったので、子供心に印象に残っていた。 
今、じっくりと観察して、目的には確信は持てなかったけど、 
少なくとも使用方法は想像できた。 

682 : ◆nZkImbDwL2 :2006/10/11(水) 14:42:12
手触りは袋の外からでもクニュクニュ、ニュルニュルしている。 
すぐにHな想像が膨らんでちんちんマックス状態になった。 
俺はズボンとパンツを下げると 
袋を開けて裏の図をみながらマックスに嵌めようとした 
半分くらいのところで輪ゴム部分が引っかかって下りなくなった、 
でもニュルニュルの感触が気持ちよくてしごくようにすると、 
すぐに乾いて引っ掛り抜けてくちゃくちゃになってしまった。 
俺はどうしていいかわからなくて大胆にもその場にそれを捨てたまま 
個室から逃げるように出た。 
校庭に出るとまた昌美が寄ってきた。 
昌美「何か、わかった?」 
俺「なにかって・・まぁ、あれなんていうの?」 
昌美「ばか、スキンていうんだよ。それよか、ちゃんと使えよ。」 


続きを読む

可愛い女子のハミ毛にロックオン!

38 :えっちな18禁さん:2007/03/12(月) 23:41:34 
裸じゃないからスレ違いかもだけどカキコ。 

3、4年前の夏、バイトで仲良かった男4人女2人で海に行った。 
みんな大学生、女のうち一人は長谷川京子似でかわいい。 
もう一人はMEGUMI似だけど、まあそんなかわいくない。 
長谷川似の方は一緒に行った男4人の中にみんな公認の彼氏がいた。 

俺は海で泳いだりもしたけど連日の睡眠不足がたたって体調がいまいちだったから
基本的に浜にいた。
一人で寝っころがってぼーっとしてたらMEGUMI似が 
「U君(俺)も泳ごうよ!」と俺の前に立った。 
そのとき、ビキニのVラインに赤いポツポツがはっきりと見えた。 
マム毛の剃り跡なんだろうね。 
肌が弱いが為に俺にそんなとこ見られちゃって可哀想に、と思いながらあんまり
可愛くないその娘に少し興奮してた。 
やっぱり知り合いの恥ずかしい部分を見るってのはいい。 

39 :えっちな18禁さん:2007/03/12(月) 23:42:47 
しばらく遊んでるとまた具合が悪くなってきたんで浜にあがって砂遊びしてた。 
すると、長谷川似も「はあ、ちょっと疲れちゃった」とか言いながら俺のそばにきて
一緒に砂遊びを始めた。 
長谷川似の彼氏は未だ海で遊んでたけど、俺達はみんなそれぞれがすごい
仲良くて長谷川似彼氏も全く気にしてなかった。 

長谷川似は俺の前に座って、俺達は向かい合わせになった。 
砂で山を作って上に立てた旗を倒さないようにする、ありきたりな遊びを二人で
やってたわけだけど、
気づくと長谷川似は水着着用とはいえ完全なM字開脚をしていた。 
「おいおい、いくらなんでも品がないぞ」とか思いながら長谷川似の股間に目をやると
ビキニの脇からなにかはみ出てた。 
長谷川似が砂を崩すときに注意深く見ると、まぎれもなくマム毛。すげーびっくりした。 


続きを読む

振られたけど好きな女性と一緒に入浴

421 :えっちな21禁さん:2005/10/30(日) 17:22:53 
極親しくしていた女性がいた。 
彼女は「今は惚れた男がいないから大事な友達のあんたとなら」と何度も身体を重ねた。 
時にはドライブがてら、温泉に泊まりに行ったりもした。 

暫くして「ゴメン、あんたの友人に惚れちゃったから今までみたいにエッチはできない」と、
要は振られた。 
それでも友達付き合いは続いていた。彼女は自分の片思いを私に語ることはしなかったが、 
時に遠くを見るように溜息をつく様子から思いが届かないのは見て取れた。 

彼女と初めてエッチをしたのは秋口で、そろそろ冬になろうとしていた。
そんな状態だったから
一緒にいる時間は減ったが、私は未だ彼女が友人を諦めて
私と付き合うことをどこか期待していた。 
#だって、そりゃそう思うだろ? そのときは未だ、彼女の一番近くにいたのだから。 

これだけだとスレ違いに終わるのだが、一つの約束があった。
二人でスキーに行くことになっていたのだ。 
温泉のあるペンションには既に予約を入れていたし、お互いキャンセルを
口にすることはなかった。 


426 :421:2005/10/30(日) 23:38:01
で、まぁ。そういうわけで前日夜に彼女の家で仮眠をしてからスキー場に向かった。 
計算通り明るくなった頃にペンションに到着。 
泊まる予定の部屋が空いているからそこで着替えてくれとのこと。
早速二人して着替えを始めた。 

振られたとは言え彼女の家にはよく泊り込みに行っていたから着替えは慣れっこ。 
余りに当たり前に二人揃って着替えて出てきたのでペンションのマスターには
恋人同士と思われた模様。 
「いや、只の友達です」なんて信じて貰えないだろうなと思ってちょっと切なくなったのは
面に出さず。 

久し振りのスキーとのことで、彼女が疲労を訴えたために早めにペンションに引き上げた。 
温泉が出るとは言え小さなペンションなのでお風呂は一つ。夕飯前は連泊のお客さんの
予約があるそうで 
「この時間は空いてますから先にどうぞ」と、勧められるも交代でのんびり入る暇はなさそう。 
躊躇する私は「どうせお互い隅まで見てるんだから一緒に入っちゃおう」と言われたら
否とは言えず。 


続きを読む
更新情報
PR・広告
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PR・広告
カテゴリ別アーカイブ
livedoor プロフィール
最新コメント