428 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/18(水) 21:42:10.84 ID:7jY6FG3/0
今週土曜、妹が俺の目の前で親父に抱かれます
いや、抱かれると言っても抱擁じゃなくてSEXの方ね
しかも生
429 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/18(水) 22:04:44.00 ID:msY5nu+z0
何で知ってるの
430 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/18(水) 22:22:17.73 ID:7jY6FG3/0
ぶっちゃけ俺も親父も妹と関係してるんだけど
そんな妹の願望は「俺の目の前で親父に中出しされたい」
なんだわ

ずいぶん前にそんな話を聞いたことがあったんだけど
親父と別居してからこの妄言を実行したいと何度も口に
するようになってね…。

俺は嫌だったんで何度も断ってたんだけど
最初で最後にするからとお願いされて、仕方なくって感じ
431 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/18(水) 22:41:00.83 ID:L82gRL380
>>430
まさか・・・あんたは伝説の
妹が親父とやってて、そのあと妹とおまいが関係持って
実は親父がドが付くほどの鬼畜で妹の同級生やら近所のお姉さんやら
せっそうなく喰いまくってもちろん身内にも手を出しまくりで
結婚していた伯母ともやってたり、しまいには妹を妊娠させたりで糞親父に翻弄されている
本家は結構な名家で20の頃に本家の意向でいいとこのお嬢様と
お見合いしたことのある人か
432 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/18(水) 23:02:17.97 ID:7jY6FG3/0
>>431
よくまあ、覚えてるなぁ。。。
433 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/18(水) 23:39:48.62 ID:L82gRL380
>>432
やはりあんただったのか・・・
あれからいろいろあったみたいだな
親父とはやっと決別出来たのか?
そんで妹とは結局離れられないのか?
434 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/18(水) 23:42:43.48 ID:L82gRL380
てか親父は隠し子の一人や二人いるだろ
つまりおまいらの半分血が繋がった兄や妹がゾロゾロと
なんつーか、これほどジョジョの「吐き気を催す悪」が似合う
カリスマ悪親父がいるとは思わんかった
善悪の観念が螺旋曲がってる生来のキチガイ
435 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/19(木) 00:06:51.57 ID:T4q2seAc0
あれからほどなくして親父と妹が風呂場でやってるのを
叔母に見つかってね。親族中大騒ぎ。
俺と妹の関係がバレた時の比じゃなかったわ

んで、結果、俺と妹は実家から引っ張り上げられて叔母の経営してる
アパートに引っ越し。
今は二人でアパート暮らしやってます
つってもすぐ隣が叔母の家で、飯は叔母の家で世話になってるけどね
436 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/19(木) 00:36:46.81 ID:xvdW521L0
>>435
なんだ、妹が自ら離れたわけじゃないのか
まだ妹と親父、裏ではいろいろとやってそうだな
てか親父の本性が親族に今までバレてなかったのがすげぇww
おまいはいまだに妹の事好きなの?
437 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/19(木) 00:42:12.94 ID:xvdW521L0
あとヘタレ兄という
年齢もおまいらに近くて、童貞の兄
非処女の妹という組み合わせがあったけどどう思った?
443 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/19(木) 13:29:18.79 ID:PH9tCY0r0
叔母にもみつかるとはサカりすぎだな
しかし鬼畜親父の元に見せたがりのドM娘が産まれるとか、
妹は親父と変態セックスを楽しむ星のもとに産まれたといっても過言ではないだけに
叔母の配慮も虚しく今後もサカりまくるんだろうな
453 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/19(木) 23:14:27.91 ID:T4q2seAc0
>>436
>おまいはいまだに妹の事好きなの?
それどころか若干悪化したかもしれん

>あとヘタレ兄という・・・
ごめん、その人の書き込み読んでないからなんとも言えん
454 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/20(金) 02:14:55.91 ID:TGd4PizL0
>>453
まだ妹の事好きなのか・・・よくわからん
妹も何を考えているのやら
ああ、土曜日だ。下手したら3Pとかになりそう
455 なまえを挿れて。 2012/07/20(金) 08:42:36.41 ID:xWDZBrRY0
結局、妹は親父と兄
どちらを愛しているんだ?
459 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/20(金) 19:04:05.41 ID:njooaVE50
>>455
兄貴には精神的に依存して、親父には肉体的に依存してるって感じだろ
親父のテクは並じゃなそうだからな
SEXの相性も親父の方が合ってそうだし。
にしても俺は好きだぜ、肉欲に正直な女ってw
495 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/22(日) 18:44:19.05 ID:FddedaeM0
今さっき帰ってきました。
色々あったけど、とりあえず終了。

覚悟してたせいか、思ったほど精神的
ダメージは受けなかった。
が、ちょっとキてるのも事実。
肉体的な疲労もあるのでとりあえず寝ます。
おやすみなさい。
497 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/22(日) 19:04:15.37 ID:aZrBZlnt0
>>435
>今は二人でアパート暮らしやってます
>つってもすぐ隣が叔母の家で、飯は叔母の家で世話になってるけどね

 それはつまり、妹と二人暮らしで、妹と関係を持つことを叔母は承認した

と理解して良いのかな?

 気が向いたらレスしてくれると嬉しい。
498 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/22(日) 19:09:31.63 ID:TOPQShWH0
>>495
昨日は泊まりだったのかよw
肉体的な疲労っておまいも参加?
これで本当に妹は親父とやるのを最後にするのかどうか
とにかく乙。休んだらkwsk報告頼むわ
499 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/23(月) 03:17:39.26 ID:IIXfhx7l0
起きたらこんな時間だった…。
ごめん、これだけ寝てもまだ眠いのでまた明日にします。
これだけ書いとく

>>497
認めた訳じゃないけど黙認って感じ。
実家から引っ張ったはいいけど
叔母の家に部屋の余裕はないし、
かと言って叔母の家が隣とはいえ、JKを
アパートに一人暮らしさせるわけにもいかないから
仕方ないって感じかな。

親父が無茶するのは親戚中が知ってるみたいだから
俺の方がまだマシって考えたんだと思う。
512 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 02:55:30.34 ID:hVd0ZNTg0
じゃあ、遅くなりましたが報告です。

土曜日の朝、妹が夏休みに入ったので実家へ一回
戻って親父と会ってくる、と叔母に断りを入れると
何故かゴムを渡された。
どうやら実家に戻るフリしてどっかにしけ込むと
思われたらしい。

ともかく昼過ぎに実家に着いて家に入ると前よりも強く
なったヤニの臭いと一緒にちょっとやつれた親父が
出迎えてくれた。

昼飯をとった後、小1時間程したら妹は待ちきれない
といった感じで「そろそろしよっか」、と急きたてた。

場所を親父の寝室に移動すると、親父はちょっとバツが
悪そうな感じで俺を見た後、シャワー浴びてくると言って
出ていった。
それから妹は手馴れた感じでカメラのセッティングを
始めた。

「撮影すんの?」と妹に訊くと
「最後だしね~。昔は撮られると集中できなくてやだったんだけど、
あった方が気分盛り上がったりする時もあるんだよね~♪」と、
上機嫌な声でリモコン使ってフレーム確認したり、三脚の高さを
調節したり、TVに繋いだりと、セッティングを続けた。
513 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 02:57:08.69 ID:hVd0ZNTg0
カメラのセッティングを終わらせると今度は
ダイニングから持ってきたイスに俺を座らせ、
背もたれの隙間に俺の腕を通し、後ろ手の状態で
手錠をかけた。
樹脂製に銀メッキしただけの玩具だったが後ろ手で
力が入らないので到底壊せそうになかった。
それから俺の脚をイスの足に太めの紐で縛り上げ
完全に行動できないようにされた。

俺が動けないことを確認すると妹は俺の膝の上に
またがる様にして乗っかり、首に腕を回してキスを
してきた。
舌の動きが妙にやらしい感じになってることから
妹の気分がかなり興奮してるのが分かった。

妹はキスの合間に
「ちゃんと見ててね、お兄ちゃん。それから
 これ最後にするから邪魔とかしちゃ駄目だよ。」と
しつこいぐらい注意してきた。
俺は
「分かった、分かった。」と何度か素っ気無く返事したが
最後に確認したかったことを訊いた。
「本当に今日、安全日だろうな?」
何度も聞いたが確認せずにいられなかったので聞いた。
妹はちょっとうんざりしたような顔で手帳を取り出し
俺に見せた。
514 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 02:57:26.19 ID:kodmyR9r0
>それから妹は手馴れた感じでカメラのセッティングを 始めた。

妹よ・・・
515 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 02:59:19.57 ID:kodmyR9r0
しかしいつの間に366と親父は互いに妹と
やり合っているということを面と向かって認めるようになってたんだろうか
516 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 02:59:20.88 ID:hVd0ZNTg0
手帳の今月のスケジュールには安全日やら生理予定日やらが
いつからいつまでと書き込まれていたが、夏休み初日に安全日が
来てるのが出来すぎのような気がしてそれでもちょっと
不安になった。

そんなやりとりを繰り返し、何度かキスを繰り返していると
バスローブを着た親父が部屋に戻ってきた。
親父が俺の拘束された状態を見ると『そこまでやるか』と
言いたげな目だったがそのことには触れず、「シャワー空いたぞ」と
だけ言って、そっぽを向いてしまった。

妹がシャワーを浴びてる間、親父も俺もほぼ無言で、妹が
戻ってくる前に親父が言ったのは一言だけだった。
「お前も大変だな」
俺は何も答えなかった。

それから20分ぐらいすると妹は戻ってきた。
髪は少し濡れた状態でC学の時の制服姿だった。
長めのスカートのセーラー服で胸の部分のサイズが
合ってなくてピッチリしていた。
「お父さんこれ好きでしょ?」
とか言いながらスカートをギリギリまでめくり上げ、
挑発的なポーズをとったりして見せた。

それから俺に「おとなしく見ててね」と言って軽くキスすると
カメラをスタートさせてベットに四つん這いのカッコウでベッドに
のぼり、親父のところへ近づいていった。
517 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 03:01:31.94 ID:hVd0ZNTg0
俺がいた位置はベットの足元の方向だったが
俺に見せるためか二人はベットに対し、斜めの位置で
エッチを始めた。

最初に親父は俺の目を気にしながら妹にキスをしようとすると
妹は「キスはいい、(タバコで)舌がピリピリするから」
と、拒否ったが、結局強引に舌を入れられた。

親父はキスしてる間、器用に制服のファスナーを
ゆっくり上げ、制服の中に手を滑らせて胸を揉みだした。
妹はキスのせいなのか、胸をまさぐられてるせいなのか、
身体を小刻みに震わせて「ンッンッ」と悶えるだけだったが
そのうち親父がスカートの中に手を入れると唇を放し、
「あ、や」と何度か言ってみたがアソコを触られると
そのうち抵抗しなくなって、されるがままになり、
「ハァ」と甘い声を出し続けた。

親父がスカートを脱がせ、俺にも妹の下着が見えた。
いつも身に着けてるのとは違い、子供っぽい水色の綿の
下着だった。
『そんなところまでC学生っぽくしたのかよ』とか思ったが、
 親父はちょっと喜んでた。
気が付けば、さっきまで俺の目を気にしてた親父は
ノリノリで妹を攻めたててた。
518 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 03:02:32.39 ID:kodmyR9r0
>戻ってくる前に親父が言ったのは一言だけだった。
>「お前も大変だな」

「妹がこうなったのもあんたの所業が全ての原因です」「このゲスが」

と啖呵切る度胸なかったのかよ・・・
519 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 03:03:13.98 ID:hVd0ZNTg0
水色のショーツにはシミがみるみる広がって、親父が
そのうちショーツの中に手を入れると妹は
「や、いや、あっあっ」とかなり気持ちよさげな声を
あげ出した。
こんな声を聞いたのは久しぶりだった。

アパートはどれぐらいの音が通るのか分からないので
アパートでする時は妹はいつも声をころしている。
こんな声を聞くのは1ヶ月ぶりだったが気のせいか、
俺がする時よりも気持ちよさそうな声だった。

それから親父がショーツを脱がせ、親父の攻めが
一休止すると妹と目が合った。
「もう見ないで」とも「もっと見て」とも取れる
潤んだ目をしてるせいで複雑な気分になった。

それから親父が妹の足を開かせようとしたが、
妹は少し抵抗して見せたので親父が
「お兄ちゃんに見てもらいたいんだろう」
と、小さい声で言うと妹は自分から足を開いて
アソコを俺に見せた。
520 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 03:04:28.71 ID:hVd0ZNTg0
親父が「それでどうしたい?」と妹に言うと
妹は「お兄ちゃん、見て…」と言いながら自分の左手の親指と中指で
自分自身のアソコを俺に開いて見せた。

アソコは以前より少し濃い色になってはいるものの、中は綺麗な
ピンク色でかなり濡れていた。

親父が妹の制服を持ち上げて半脱ぎの状態にし、ブラをめくると
薄いピンク色の乳首が見えた。
親父は左手で妹の右胸の乳首をいじり、口で左胸の乳首を吸ったり
舐め回したりすると妹は「アッアッンッ、ハァ…」と
更にいっそう艶のある声で悶えだした。

そのうち、親父が妹の背後に回り、左手で左胸を、
右手でアソコをいじりだすと妹は「やぁ、今触っちゃダメ」と
泣きそうな声で拒否ったが親父は構わずクチュクチュと
人差し指と中指の二本で妹のアソコをいじり続けた。

妹はさっき、自分でアソコを開いて見せてタガが外れたのか、
さっきよりも大きな声で「アッアッアン、アッ」と
気持ちよさそうな声を上げだした。
521 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 03:06:39.03 ID:hVd0ZNTg0
暫くすると妹は「お父さん、ダメ、止めて」と
強く抵抗の声を上げた。
しかし、親父は構わずそのまま妹のアソコを攻め続けると
妹はそのうち「あっ」と苦悶の一声を上げ、下半身をビクビクと
震わせ、ぐったりしてしまった。
どうやら親父の指テクでイってしまったようだ。

少し休憩した後、妹は今度は自分の番と言わんばかりに
親父のチン○を右手で握り、フェラを始めようとした。
しかし、親父はそれを静止し、
妹に何か耳打ちをした。

それから何をするのかと思ったら、妹は親父をベッドの端に座らせ、
カメラの位置を移動し、TV画面に自分がフェラするところが
映るように調節し、それから床に四つん這いになって
親父のアレを舐め始めた。
つまり俺の視点からすると妹のアソコが後ろから見え、TV画面では
妹がフェラする様子が見えるといった具合だ。
522 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 03:11:47.23 ID:hVd0ZNTg0
妹は親父のチン○の先端にチュッとやったり、裏筋を舐め上げたりと
色々すると親父は珍しくスキだらけの顔を見せた。
妹が嬉しそうに「気持ちいい?」と訊くと「まあな。」と満足気に答えた。
それから妹は口に咥え、本格的にフェラを始めると妹のアソコから
タラタラと愛液が流れ出るのが見えた。

親父は俺の方を見た後、意地悪い目で妹に問いかけた。
「お父さんのとMのとどっちのチン○が好きだ?」
妹は親父のチン○から一旦口を放すと、右手でコスリながら
嬉しそうな顔で
「こっちの方が好きだよ、大きさと太さと持久力の差?」
見たいなことを言った。それから
「あとね、お父さんの方が濃いんだよ。」と
チロチロとチン○の先のぬらぬらと光る液体を舌先で舐めた。

軽く凹んでいると親父は嬉しそうに
「じゃあ、二人でどっか駆け落ちするか?」
と冗談(?)を言った。
妹は舌先でチロチロとやりながら
「ん?」「んー、だめ。卒業したらお兄ちゃんと赤ちゃん作って
育てる予定だから。それに回復力はお兄ちゃんの方が上だしね。」
と返した。しかしその後に
「あ、でも今日赤ちゃんできちゃったら予定狂うかも♪」
と、付け加えた。俺は
「なんだそりゃ?聞いてねぇ」
とツッ込むと、
「お兄ちゃん、邪魔しないの」
と何故か怒られた。
523 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 03:14:38.39 ID:kodmyR9r0
>「こっちの方が好きだよ、大きさと太さと持久力の差?」
>見たいなことを言った。それから
>「あとね、お父さんの方が濃いんだよ。」と
>「ん?」「んー、だめ。卒業したらお兄ちゃんと赤ちゃん作って
>育てる予定だから。それに回復力はお兄ちゃんの方が上だしね。」

狂ってやがる・・・
524 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 03:18:48.68 ID:tUkZzlm70
それから暫くフェラが続くがこの当たりから
妹の様子が変わり始めた。
それまではどこか「見て」と言いながらも恥ずかし気な
表情を見せていたのに、段々と積極的にいやらしい顔をするように
なった。
どこか楽し気というか、悦んでる顔だった。

親父が
「ほら、集中しろ」と言うと妹は
「ごめん、ごめん」と返事し、そこから激しいフェラが始まった。
フェラが激しくなるとさっきまでのカメラ目線はなくなり、
「ジュプ、グプ」とかAVみたいなフェラの音がいやらしく部屋に
響いた。

親父の「出すぞ」の一言の後、妹の口に精液を放出したらしく
妹はちょっと苦しげな表情を見せた。
妹は親父のチン○から口を離すと涙目になりながら少しの間
口に含んでいたが俺の方を見るとちょっと時間を置いてごくんと
飲み込んだ。
俺のをフェラしてもらう時はいつもテッィシュに出させるように
してるのでこの行為に軽く嫉妬した。
525 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 03:20:22.57 ID:tUkZzlm70
それから親父が妹をベッドに誘導すると妹は「うん」と
頷きながら誘われるがままベッドの上に寝転んだ。

親父が妹のアソコを舐め回し、皮を剥いたクリにチン○を
擦り付けると妹は段々我慢できなくなったのか
「早く、もういいでしょ」と
切ないような甘い声を出した。

それを聞いた親父が
「どうして欲しい?教えた通りにおねだりしてみな。」
と言うと、妹はちょっと間を置いて
足を大きく開いて自分の指でアソコを開き、
「お父さんの太くておっきいの頂戴。」
と、どこか言わされてる感のある、いつもよりかん高くて
甘ったるい声でおねだりを始めた。

しかし親父は「まだ、グっとこないな」
と意地悪く言うと
妹は「バカァ」と言いながらうつ伏せになり、
お尻だけを上げて、股の間から手を出して指でアソコを開き
「これでいいでしょ?」とちょっとやけぐそ気味で言い放つと
親父はカメラ越しに俺を見て妹にチン○を挿入するフりして
さっきと同じように擦り付るのを繰り返した。

妹は観念したように「もう」と言いながら枕に顔をうずめ、
「お願い、犯して。お願い」と、か細い声を出した。
526 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 03:22:47.50 ID:tUkZzlm70
親父はそれを聞いて満足したのか
「生でいいんだな?」と
訊くと妹は枕に顔を埋めたまま
「うん、最後だからいいの」と答えた。

親父が挿入をゆっくりと始めると妹は上半身をのけ反りながら
「あああっ」と今までよりも更に大きい声を上げた。
親父が根元まで挿入れると「やっぱりお父さんのすごい」と、
はぁはぁと息を乱しながら小さいながら艶のある声を出した。
その時には俺の方に顔を向けていたが俺の目は見てなかった。

そして親父のピストン運動が開始されるともう妹は
SEXに夢中という感じで首を振ったり上を向いたりで
俺の方に顔をを向けなくなった。
二人がバックでエッチしてる様子は父親が娘を犯してるようにも
娘が親父のチン○で悦んでいるようにも見えた。
ただ、俺にはDVDで見たときよりも更に現実感のない光景に
思えた。

どれぐらい時間が経ったのかそれから暫く親父のピストン運動が
続いた後、妹は腰を引いて「イク」っという声を出してすぐ後、
ぐったりしてしまった。
マジイキしてしまったようだった。
527 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 03:25:54.10 ID:tUkZzlm70
しかし、親父はイッテないようで満足できんといった感じで
妹の中からチン○を引き抜いて今度は妹を仰向けにした。

チン○が引き抜かれた瞬間、妹は「あん」と切ない声を出したが
仰向けにされた瞬間、何をされるのかすぐに理解したようで
「待って、今イッたばっかりで…無理」
と小さい声でお願いしたが親父は構わず妹に覆いかぶさり、
チン○を勢いよく挿入した。

妹は「あ、ダメ」と言いながらも親父の背中に腕を回し
しっかりと抱きついて奥まで入れらると「や、硬い」、
と嬉しそうな声で答えた。

それから親父が「足も絡ませろ」と命令すると妹は素直に足を絡ませた。
そして親父は妹を抱き起こし、座位→駅弁スタイルと持っていった。
親父はベッドの上で妹を上下に揺らし、それに合わせ妹は「あっあっ」と
声を上げながらよがり狂うような声をあげた。
親父が俺に背を向けたとき親父に必死にしがみつく妹と親父の肩越しに
目が合った。
親父の動きが止まるとすごく嬉しそうな顔でこちらを見て声をださないように、
「あとでね」と口パクで俺に言った。
528 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 03:29:00.78 ID:tUkZzlm70
そのあと、親父は妹をベッドに降ろし、正上位(屈曲位?)で
また腰を振り出した。
妹の中に親父のチン○が出たり入ったりしてる状態が丸見えで
その日一番いやらしいものを見てる気がした。

そのうち親父が「そろそろいくぞ」と言うと妹は「待って」と
親父を止めて「アレ、お願い」と親父の耳に軽くキスをした。
親父は「そうだったな」と答えて妹を抱き起こし、今度は背面座位の
状態で妹と親父の結合部を俺に見せるように座った。

俺はちょっとうんざりしてきたので目をそらそうかとも思ったが
「お兄ちゃん、見て、約束したでしょ」の妹の一言で再度、
妹たちの方を見た。

しかし、股を開きながら上下に揺すられる妹は想像以上に
エロい姿だった。
時々親父に揉みしだかれながら揺れる胸。
正上位のときよりもはっきり見える親父のチン○が出たり
入ったりする妹のマン○。
『妹』ではなく『女』にしか見えない妹の顔。

正直このとき、この場に来たことをちょっとだけ
良かったとか思ってしまった。
529 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 03:34:45.07 ID:C54tww1B0
そこからちょっとしたら親父が「また来そうだ」と言って
何故か腰の動きを止めた。
妹がはぁはぁ言いながら「どうしたの?」と訊くと
親父は「今日、安全日って本当か?」と訊いた。
妹は瞬間キョトンとしたがちょっと間を置くと、俺の方を見て
「やっぱりお父さんには分かっちゃうんだ。お兄ちゃんは
あっさり信じちゃったんだけどね」と嬉しそうに答えた。

俺はサーっと血の気が引いた気がした。
気が付いたら「おま、ちょ止めろ!本当に止めろって」
と怒鳴ってた。

しかし妹は荒い息遣いで
「見ててね、赤ちゃんがもう一回出来ちゃうかもしれないところ」
と嬉しそうに俺に向かって言った。

そこから親父は「出来たらどうする?」と訊き、
妹は「生むよ、今度は」とあっさり返した。
そして親父のラストスパート。
親父は俺の罵詈雑言にも関わらず激しいピストン運動の
あと、妹の膣中にたっぷりと出し切った。
530 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 03:38:03.40 ID:C54tww1B0
妹は親父に中出しされた瞬間「あぁぁああ」と苦悶の
声を出してその後、満足気な顔を俺に見せた。
正直この瞬間何が起こったか理解できなかった。
気がついたらイスごと倒れていた。

倒れたせいでベッドの上の様子が分からないが
TVには親父と妹がまだ繋がってる様子がアップで
映っていた。親父がわざわざ俺に見せるためにアップ
にしたらしい。
親父は暫くすると妹の膣中からチン○を
引き抜いた。
引き抜いた瞬間から白いものがドロドロと出てきた。
AVでみるような薄白いトロトロしたようなものでなくて
まるで白いスライムのようなものが出てきた。
それが出終わると今度はよく見慣れた薄白いトロトロ
したものが溢れんばかりに出てきた。

それから2~3分した後、俺は妹にイスごと起こされ
「まだ終わってないからね」
と言われ、そして妹は親父のとこへ戻り親父のチン○を
当たり前のように舐めだした。
いわゆるお掃除フェラ。
531 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 03:39:28.16 ID:kodmyR9r0
駄目だこの親子
イカれてやがる
親父も相変わらずの屑だし、妹も兄の歪む顔見て楽しんでやがる
いい加減、伯母に全て話して縁を切ろうと考えないのか?
せめて366、おまいだけは普通の幸せ手に入れろ
近親相姦とかそういう問題じゃない
532 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 03:41:17.60 ID:C54tww1B0
正直、精液まみれになったものを舐めさせるのは気が引けるので
俺はほとんどやってもらった事がない。
しかし、妹は
「結構好きなんだよ私、こういうの」
そう言ってまるで2回戦でも始めるかのような勢いで
フェラを続けた。

しかし、親父のストップで途中で終了した。
親父はその後、もう1回シャワーを浴びてくると言って
部屋を出た。
俺は出て行く瞬間親父を睨み付けたが親父は無表情に
「青いな」と一言、言っただけだった。

その後、妹は俺の傍に来て
「ありがとね、ちゃんと見ててくれて」
そう言ってキスしようとしてきた。
俺は
「親父のアレを舐めた口でするなよ」と
拒否した。
533 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/24(火) 03:44:31.96 ID:C54tww1B0
妹は「あ、ごめん」と言いながら口をぬぐいつつも、
自分のアソコから足を伝って落ちる親父の精液を指に付け、
それを舐めながら
「でも苦いけど慣れると意外と飲めるものなんだよ、コレ」と
見当違いの意見が返ってきた。

俺はそれを無視して妹を睨んでいると妹は裸の状態で
身体を丸め、胸とアソコ丸見えの状態で俺を見上げ、
「本気にした?危険日って言ったの。」
とこっちの言いたいことを理解してたようで答えてきた。

「エッチの時の演出だよ、あんなの。いわゆるリップサービス?
 安全日ですって言うより危険日ですって言った方が背徳感増して
 盛り上がれるでしょ?どうせ、どっちにしたってお父さん、
 中出しするんだから。」

俺は唖然とした。妹が今言ってることが真実だろうという
気がした。

「そういうとこだよね、私とお兄ちゃんのSEXの相性が悪いところ。
 たまには”責任とるから俺の子供生んでくれ”ぐらいのこと
 言ってみてよ。それで中出しまでしたら私的に100点だよ。」

俺はなにも言えなかった。
安堵感か疲労感なのか分からないものに襲われて
ぐったりとしてしまった。

とりあえずこれでこの日の前半これで終了。
悪いけど疲れたので寝ます。 
661 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/29(日) 23:54:38.10 ID:uqU2rHuw0
色々と迷ったけど最後にやっぱり
投下していきます。
後半の報告です。遅くなってすみません。

親父と妹の1回戦が終わって、20分ぐらい後、
俺の拘束は解かれないまま2回戦目突入。

始める前に妹は俺が好きなシルクのキャミに着替え、
それから親父に抱きつきながら
「これでほんとに最後ね。」
と繰り返し釘を刺すように言った。が、親父は最初何も
答えなかったので妹は親父のキスを拒否した。

親父はキスだけでなく、そのうち体に触れるのすら
拒絶されだしたので
「ま、いつまでも続けられるものでもないからな」
と意味ありげに返し、『最後』なのを承諾した。
親父がそれを俺に向かって言ってるのは分かったが
敢えて無視した。

ともかく親父のその一言で妹はようやく
親父のキスを許し、身体を任せはじめた。

親父が妹の着ていたキャミの肩紐をずらし、
胸の下まで下ろすとシルクのキャミはストンと足元に落ち、
ブラを身に着けていなかった妹はショーツ1枚だけになった。

さすがにまじまじと裸を見られるのは恥ずかしかったのか
両腕で胸を隠すように立っていたが、親父が
「ちゃんと見せてくれ」というと、「うん」と俯きながら
両出を後ろ手に組み、妹は裸を晒した。
662 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/29(日) 23:57:57.16 ID:uqU2rHuw0
それから二人がベッドの端っこの方で抱き合いながら
寝転ぶと親父は「最後はどんなのがいい?」と訊き、
妹は「お父さんの好きなようにしていいよ」と返した。
親父は「じゃあ、忘れられないようなのしてやる」と
言いながら、妹の上半身を左腕で少し浮かせた状態で抱きしめ、
右手で体中をゆっくりと触り始めた。

親父が『忘れられないようなのしてやる』などと言ったので
てっきり今まで以上に激しい攻めを仕掛けると思ったが、
予想外に優しく攻めだし、妹もリラックスしたのか、
「ん、こういうのも好き」と親父に甘えるように自分から
キスをねだり始めた。

さっきまでとは違う まるで恋人同士がするようなキスが
ずいぶん長く続いた。
舌と舌が絡み合ってるのが見え、お互いに吸い付き合っている
その様子から二人とも楽しんでるようだった。

暫くして長いキスが終わるが親父の優しい愛撫は続いた。

妹の息使いは前半戦のような荒く、激しく乱れた息使いでなく、
ゆっくり、浅い「ハァァァ」と甘ったるい感じの、
吐息が漏れるような息使いだった。
664 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/30(月) 00:00:18.07 ID:ErnZPd+X0
それでも親父はやはり、俺よりたくさん妹とエッチしてるだけ
あってか、妹の弱いところを的確に攻めていた。

内ももを手のひらでゆっくりアソコに向かってなぞっていき、
ギリギリのところで寸止めしたり、
ヘソの辺りから舌でゆっくり上に向かって舐めていき、乳房まで
来たら、乳首までの間を時間をかけて舐め上げて最後に乳首を
攻めるといったことをしたり、
背中側から脇を通って、乳房の付け根のラインを指先や舌先で
なぞるといった、妹の性感帯を攻め続けた。

そうやって寸止めを絡めて何度か繰り返していると、
妹の息づかいが少しずつ荒くなっていった。
妹は大きな声をあげないものの、時々腰を跳ね上げたり
足先がピクンと反応したりして見せた。
ベッドの上の妹の表情は見えなかったがそれだけで
十分感じていることは分かった。

弱い部分をゆっくり攻めて声が出るのを一所懸命我慢して
身体をくねくねとよじらせる様はとても可愛らしく、
それでいてそそるものがあった。
ただ、それが親父のテクによるものだということが
ちょっと気に入らなかった。
665 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/30(月) 00:03:32.45 ID:ErnZPd+X0
そんな感じで親父が少しづつ攻めのレベルを上げていくと
妹は親父のチン○を右手で握り「これ、舐めたい」と
切なそうな声でおねだりを始めた。

親父はいつも通り「何舐めたいって?」と
いじめるように訊くと妹は恥ずかしそうな声で
「だから、…舐めたい」とボソボソっと答えた。
まだ、スイッチが中途半端にしか入ってなかったのか、
相当恥ずかしかったらしくほとんど聞こえなかった。

親父が「最後にハッキリ聞きたいな」と意地悪く言うと、
かなり間を置いてから
「お父さんのオチ○チ○、…舐めたい。」とはっきり言った。
少しふてくされて言ったようにも聞こえたが親父は満足気だった。

親父はまたベッドの端に座ると、さっきと同じように妹を
四つん這いにし、俺に妹のお尻が見るようにして、TVで
は親父のを咥える様子が映るようにしてフェラを始めさせた。

フェラが始まると、親父の半立ちのチ○コは見る見る大きくなり、
大きくなった後、妹はそれを丁寧にゆっくり舐め始めた。
先端にキスしてはいろんな方向から舐め上げたり、左手で袋を
揉みしだいては親父に気持ちいいか確認していた。

前半戦みたいな激しいフェラではなかったがゆっくりと
ディープスロートを繰り返し、時にはアイスキャンディーを
舐めるみたいに舌をめいっぱい出して裏筋を舐め上げたり、
亀頭の先端から出る我慢汁を舌先で丁寧に舐め取ったりと、
愛おしそうにじっくりとフェラを続けた。
667 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/30(月) 00:07:44.43 ID:NZ4niAzZ0
ここまで調教されてたらとても
親父とのセックルを妹が止められるとは思えんがな
もし今度やったら妹と縁切るぐらい言ってやったんだろうな
668 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/30(月) 00:07:50.71 ID:uqU2rHuw0
そのうち夢中になってたのだろうかカメラの存在を忘れてました
といわんばかりの目でカメラの方に視線を向けると親父のを
中途半端に咥えた状態で動きが少し止まった。
親父が「もう満足したか?」と訊くと妹は少し考えて
「ううん、もうちょっとする。」と答え、フェラを再開させた。

妹はその後からは時々カメラ目線になり、わざとやったのだろう、
嬉しそう顔で亀頭周りを舌で這わせたり、裏筋を舌全体で舐めたりと
色々なフェラを俺に見せつけた。

それから少し後、親父の「いくぞ」という合図と同時に
妹の口の中に親父の精液が注がれると妹はカメラに向かって
口を開いた。
妹の舌の上には白い粘液が乗っており、それを2~3秒俺に見せた後、
口を閉じてごくんと飲み込んだ。
苦いせいか、流石に飲み込んだ瞬間笑顔はなかったが、
飲み込んだ後、嬉しそうにカメラに向かって舌を出し、飲み込んだと
アピールして見せた。

妹はその後、少し名残惜しそうに親父のチ○コに再びチュッとキスを
したり、袋を弄り始めたりしたが気が付いたら妹は親父のチ○コに
イタズラしながら自分のアソコを弄っていた。

それに気が付いた親父は再びSっ気に火がついたのだろう、
さっきまでの優しい態度はどこへやら、妹に対してショーツを
脱いで俺に向かってオナニーしろと指示を出した。
670 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/30(月) 00:10:54.94 ID:ErnZPd+X0
妹は親父に命令されると『言われたから仕方なく…』みたいな態度で
シルクのショーツを俺の目の前でゆっくりと脱ぎ、それからベッドの端に
座り足を広げ、右手の人差し指と中指を使っておマ○コを広げて
ピンク色の内壁を見せてくれた。

親父が三脚にセットされてたカメラを手に持ってそれを間近で
撮影し始めると妹は
「見てて」
とだけ言い、左手の人差し指で左胸の乳首をいじりながら右手の中指で
クチュクチュとオナニーを始めた。
やはりクリの部分が気持ちいいのだろう、妹は重点的に
クリを擦って「アンン、ンッンッ」と抑え気味の声で喘ぎ声を
もらし続けた。

クチャクチャと卑猥な音が部屋に響き、シーツの上は妹のトロトロと
流れ出た愛液でお漏らししたかのようにぐっしょりと湿った。
初めて見る妹のオナニーはたまらないほど淫靡で気が付けば
凝視していた。
時々見える綺麗なピンク色の内壁がいっそう俺を高揚させた。
どれぐらいの時間が経ったのか妹は「もうダメっ」と叫んだ後、
自分自身の指で高みに達し、完全脱力してベッドの上でクテっと
横に倒れてしまった。

妹の下半身はピクピクっと時々跳ね、呼吸はハァハァと荒く乱れた
ままだったが目だけは何故かこの上なく嬉しそうだった。
671 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/30(月) 00:10:55.81 ID:ptZkgH+w0
親父がくっそ鬼畜過ぎて泣ける・・・
本当に息子や娘だと思って接しているのかこの悪魔は
672 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/30(月) 00:13:58.30 ID:ErnZPd+X0
その後、親父はカメラを再び三脚に戻し、妹の目の前にチ○コを
差し出し、軽くしゃぶらせると
「お父さんのとMのとどっちのが欲しい?」と、答えの分かりきった
質問をわざとらしく妹にした。

妹も「お父さんのおっきいのが欲しい」と恥ずかしそうにに答えると
親父に抱っこされる形で起き上がり、それから逆に親父を押し倒して
馬乗りになった。
それから親父の上で股を開いた立ちひざ状態になり、自分の右手で
ア○コを開くと、親父に「最後だからね」と一言告げ、自ら親父の生チ○コを
招き入れると一気に根元まで入れた。
「んっお父さんのやっぱり大きくて気持ちいい」
とこれ以上ないぐらい嬉しそうな声をあげると親父は
「お前を女にしたち○ち○だからな。忘れるなよ。」
と得意気に返した。

妹のこういうセリフはエッチを盛り上げるためのリップサービスと
聞かされたばかりだが、声色からそんな風には思えなかった。

それから妹と親父はタイミングを合わせるようにゆっくりと上下に腰を
フリだした。
俺からは妹の背中とお尻が見えるだけで妹のマ○コも、妹の顔も
見えなかったが、何故か親父のモノを咥えてこの上なく嬉しそうに
よがる妹の顔や、親父のモノを出し入れする妹のマ○コがリアルに頭に
浮かんだ。
675 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/30(月) 00:17:17.21 ID:ErnZPd+X0
ゆっくりとした上下運動が続く中、親父が
「で、今まで何本咥え込んだんだ?俺のち○ち○はその中で上位何位だ?」
と下卑た感じで訊くと
妹は「3人だ…け。ん、お父さんが一番。」
と悶えながらも色っぽい声であっさり嘘を付いた。
親父もすぐさま嘘だと分かったみたいで「で、本当は何人だ?」と
妹の胸を揉みしだきながら繰り返し訊いた。

妹は観念したように
「7人…だけ。本当にこれだけ。」
と身悶えながらボソっと答えた。
俺は今まで妹から聞いた情報を整理して思った。
「俺が聞いた情報より2人多い…。」
問いただしたいことが一つ増えた。

それから暫く騎上位で二人はエッチを続けたが親父の方が
疲れたらしく、腰の動きを止めると妹は今度は
「もうちょっとなのに…」と切なそうな声を出して今度は前後に腰を
使い出した。

親父がその様を見て
「我が娘ながらほんとスケベな女に育ったもんだ。」
と嬉しそうに呟くと妹は
「違うもん、お父さんのせいだもん。」と
苦悶の声を上げながら反論した。
676 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/30(月) 00:20:24.11 ID:ErnZPd+X0
以下、父娘の会話。
親父:「途中からはそうかもしれんが、最初にお前が誘わなければこう
    ならなかったと思うぞ。」
娘 :「誘ってないもん」
親父:「夜中に俺のベッドに潜り込んできて『触りたい?』とか
   『触りたかったら触ってもいいよ』とか言ったのは誰だった?」
娘 :「そんなの知らない」
親父:「『将来、ほんとに私の処女貰ってくれる人いるかな?』って意味深に
    吹き込んできたのも覚えてないってか?」
娘 :「・・・・・・・・(暫く沈黙)・・・・・・・・・・・
     お父さんがあんなDVD見せるからいけないんじゃん」
親父:「見せたんじゃなくて勝手に見たんだろうが」
娘 :「鍵も付けずに放置してたくせに」

この後、泥沼な言い合い。
ともあれ、やっぱり妹から聞いた情報と違う事実が出てきて
問いただしたいことが増えた。

結局、この後どっちに非があるか問答した後、親父が悪いということで
落ち着き、妹は「もう、お父さんのバカァ」とちょっと涙声を出しながらも
腰を振り続けた。

この後、両手を恋人繋ぎしながら騎上位で腰を振り、親父と妹は暫く
無言でSEXしていたが、妹の方が早く絶頂を迎えそうになると
「お父さん、ギュってして」と身体を丸めて親父に抱きつき、
ちょっと経ってから「あああぁぁダメェぇ」と今にも泣きそうな声を
あげて果ててしまった。
681 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/30(月) 00:25:54.82 ID:ErnZPd+X0
親父の胸の上でハァハァと荒い息をしながら妹は親父のキスを
ねだった。
俺の方からは見えなかったが結構長い時間濃厚なキスを続けてる
ようだった。

妹の呼吸が整うと妹は腰をゆっくりと上げ親父のチ○コを
引き抜こうとした。
しかし、親父は妹の腰を両手で掴むと
「まだ終わってないぞ、俺はまだイってないからな」と
無理矢理落とした。
「あ、やぁあ」
と聞いたことのない妹の声が部屋に響くと同時に妹は腰をビクンと
跳ね上げた。
瞬間軽くイったのか小刻みに荒い息だけが聞こえてきた。

その後、親父は繋がったまま妹の体勢を変え、バックの状態に
しようとすると妹は切なそうな声で、「最後は前(正常位)がいい」と
親父に訴えた。
親父はそれを聞かず、「見て欲しいんだろう」と妹をバックの体勢にし、
俺は妹と向き合うかっこうになった。

ひどく狼狽した感じの妹と目が合い、妹は「お兄ちゃ…」と何か言おうと
したが親父のピストン運動でさえぎられた。
それから親父の激しいピストン運動が続いた。
妹は親父に突かれる度にかん高い声でいっそう激しく喘ぎ、乳房を
前後に揺らしまくり、時々首を左右に振っては「もっとして」と
親父に哀願した。
683 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/30(月) 00:28:58.25 ID:ErnZPd+X0
親父はそれを聞いて嬉しそうに
「俺のち○ち○は何番目に好きだ?正直に答えてみろ」
と質問すると妹は喘ぎながらも
「一番…好き、お父さんのが一番…気持ち…イイよ」と
俺の方を向きながら焦点の定まらない目で答えた。

親父はそんな質問を体位を変えながら何度もするが
妹の答えは当たり前のように同じだった。
親父と妹のSEXはバック→騎上位変形(宝船)→座位と
変わっていき、最終的に妹の希望通り正常位となった。

親父が「最後の中出しイくぞ」と予告すると妹は「うん」と一言だけ返し、
そのすぐ後、親父はラストスパートをかけ出した。
親父のラストスパートの途中で妹は絶頂を迎えたらしく
「あああ、イク」と一度大声をあげた。

それからほどなく、親父もイッタらしく腰の動きが止まった。
そしてまたも妹の中に全部出し切ったようだった。
暫く二人は抱き合ったまま余韻を楽しんでるようだったが親父が
「終わるぞ」と声をかけると妹は「うん」と答え親父はゆっくりと
チ○コを引き抜いた。
引き抜いた瞬間、妹の口からは「あっ」という切なそうな声が漏れ出た。
流石に妹のピンクの膣中から出てくる白い粘液は前半戦に比べると
少なかったが親父のか妹のか分からない透明な液は後から後から
流れ出た。
685 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/30(月) 00:32:10.40 ID:ErnZPd+X0
それから親父が妹の上半身を無理矢理起こし、ベッドの上で
仁王立ちし妹の目の前に例のごとくチ○コを差し出すと、妹は
やっぱり当たり前のようにお掃除フェラを始めた。

妹は疲れてたせいか親父のそれをちょっとぞんざいな扱いで舐めたり
咥えたりしたがそのうち様子が変わってきた。
いつの間にかマジフェラに変わってた。

親父の中のを搾り出そうとしていたディープスロートは激しい
バキュームフェラに変わり、亀頭辺りは特に念入りに舐め回されていた。
流石に親父のアレはガチガチのそそり立つ状態までは回復しなかったが
挿入するには十分な硬さまでにはなったようで、妹はそこでフェラを
止め、ちょっとすまなさそうにこっちを見ると、
「ごめんね、あとちょっと待ってて。これで最後にするから」
と断りを入れ、親父を中庭に面した窓際へ誘導した。
カメラのフレームから割れていたがどうやらもう、どうでも
良かったらしい。

カーテンを半分だけ開け、窓に手を付いて親父をバックの体勢で誘導し、
「ね、最後の頂戴」
と嬉しそうに甘えた声で親父を誘うと、親父はこれまた嬉しそうに
「OK、OK、これで最後な」
と誘われるままチ○コを挿入した。
妹は嬉しそうな声をあげてどこか余裕を見せながら「アッンッンッ」と
あえぎ出したがすぐに余裕はなくなり、そのうち親父の腰の動きに
合わせてどこか切なげに悶えだした。
686 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/30(月) 00:35:27.06 ID:ErnZPd+X0
親父は腰を振りながらも
「あそこののマンションからもしかして望遠鏡使って覗いてる奴
いるかもな。」
と楽しそうに言うと
妹は
「ん、覗かれてたらどうしよう。」
とまるでそれを期待してるかのような口ぶりで親父にされるがまま
腰を振り続けた。

それから5分と経たないうちに妹は「ンンっ」と声をあげ、イッて
しまったようで「ダメ、もう立てない」と腰を動かすのをやめて
ヘタリこんでしまった。

親父は自分が最後にイけなかったのが不満のようで、妹をベッドに
運び「もうダメ、体力、持たない」と半ば嫌がる妹に正常位で無理矢理
挿入し、ピストン運動を開始した。
しかし、今度は親父の方が5分ともたないうちに中出しし、終了して
しまった。

二人はその後繋がったままキスを繰り返し「俺のこと好きか?」
「うん、好き」、「じゃあまた今度エッチしてもいいか?」、「ダメ」、
「じゃあ、このまま抜かないぞ」、「バカじゃない」と
バカっプルのような会話を延々繰り返した。
687 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/30(月) 00:38:30.66 ID:ErnZPd+X0
3分ぐらいの甘ったるい会話の後、親父はふにゃふにゃになった
チ○コを自分の娘から引き抜くと軽くお掃除フェラをさせ、「よし、終了」
と言って、シャワーを浴びに部屋を出て行った。
引き際がいいのか悪いのかよく分からんかった。

その後すぐ、妹は俺の方に来てまたがり「ごめんね」と言いながら
俺の首筋や耳を舐めはじめた。
妹がどのことを謝ってるのかよく分からなかったがとりあえず
ツッコムのは止めておいた。
その後、妹は俺を拘束したまま俺の体中を舐め始め、最後は俺が仕込んだ
エロエロなキスまでしてきた。

そしてその後、「でね、最後にしたいことあるの」といたずらっ娘の目で
そう言うと俺のベルトを外し、ジーンズの前を無理矢理全快にすると
フェラを始めた。

どこにそんな体力が残ってたのかすごい勢いでバキュームフェラを始め、
あっという間に俺のモノがギンギンになり、妹はそれを確認すると
「時間がないからもうコレで挿入れちゃうね。お父さんが戻って来る前に
終わらせちゃわないと。」
そう言って道路側の窓のカーテンを全開にし、俺の目の前で自分の
マ○コを開き、俺の上に乗っかってきた。
当然、ゴムは付けてなかった。

妹が何考えてんのか分からなくて「バカ、入れるな」と拒否の意思を
示したが妹は構わず挿入を開始してしまった。
688 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/30(月) 00:42:32.77 ID:o5iSGbMX0
妹の膣中は既にトロトロで確かに膣中の感触は気持ちよかったが
親父の精液も混ざってるのかと思うと嫌悪感の方が先に立った。
それに、妹の中は親父に嵌められすぎたせいかいつもより締りが
悪い気がした。
しかし、そう思ったのもつかの間、根元まで入ると急に締りが
きつくなった。

「あん、ダメ」妹はそう言って俺に抱きつきながら背中をのけ反らせ、
途端にくてっとなってしまった。
それからすぐ妹は乱れた息のまま、妖艶な顔でキスを執拗にねだり
始め、それからゆっくりと、それでいて高低差を大きくつけて腰を
上下に動かし始めた。
拘束されていたイスの足が短かったので俺の上に乗っても妹の足が床に
ギリギリ届いてしまったのが良くなかった。
だから妹は上下に腰を激しく振り、俺を攻め立てた。

「お父さん戻ってくるまであと15分ぐらいしかないから早く
出しちゃって。」
妹が変な誘惑をしてきた。
「今日ならできちゃってもお父さんのせいにできるんだから
遠慮しないでいいんだよ?チャンスだよ、ほら。」
ことの他、楽しそうに、そしてとびきりエロイ顔で妹は腰を揺すり続けた。
689 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/30(月) 00:45:45.23 ID:o5iSGbMX0
いつもなら15分なんて余裕で持たせられるが父娘の情事を長時間
見せられてる間に立つ⇔しぼむを繰り返し、そのせいでイきやすく
なってた。

結局俺は10分と持たず我慢の限界が来てしまい、その時には
親父が何度か中出ししたことなど頭の中になく、気持ちよさに
任せて思いっきり妹の膣中に中出ししてしまった。

妹は親父に聞こえないようにするためか必死で声をコロしていたが
最後は耐えられなかったようで思いっきり
「あああっ」と叫んでいた。
それからすぐ後に妹は腰を跳ね上げ、俺に抱きつきながら
イッてしまったようでまたぐったりとなってしまった。

妹は余韻を楽しみながらも
「気持ち良かったでしょ?」
と含み笑いをした顔で訊いてきた。

俺は何も答えなかったが正直に言えばゴムをつけてたときよりも
遥かに気持ちかった。
妹の言葉に踊らされたせいか不思議と罪悪感もなかった。

しかし、俺をフォローするためか妹はすぐ後に
「大丈夫、安全日だからそんな簡単にできないよ」
と言ってキスしてきた。
690 なまえを挿れて。[sage] 2012/07/30(月) 00:49:09.48 ID:o5iSGbMX0
それから1時間ぐらいしてすべてが終わった後、
俺ら3人は早目の夕食をとり、それから俺と妹はすぐに帰ることにした。
親父は泊まっていけと言ったが妹が「夜這いされる危険性があるから
嫌」と言ったので帰ることになった。

しかし、妹が帰りたいと言った本当の理由は別にあり、俺らは
アパートに帰らずラブホに泊まって朝まで嵌め倒した。
早い話、妹は親父に邪魔されずHがしたかっただけ。
尚、ラブホでの話は俺が一方的に攻められてただけなので割愛。

あと、ラブホで一つ嫌なことを聞かされた。
実家を出発する前に妹はビデオカメラからSDカード抜き出してきた。
今後、たまにはこれ見ながら俺とエッチするらしい…。

ま、とにかくこれで親父と妹が今後することはたぶんないんじゃ
ないかと思う。


以上。
元スレ : http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/kageki/1331363390/ 

萌えた人はポチっとお願いします♪